Homoeopathy Next宣言

未分類

これから僕の周りにいる人たちと「ホメオパシー・ネクスト」と云う活動を展開してゆくよ。

ホメオパシーの次を作って行くのが目的だけど、どのような形がネクストなのか説明したいと思う。

・コミュニティの形成
 SNSは既に言論の自由が狭まってきている。コロナ以降は前にもまして、さらに自然療法や、反ワクチン的な記事が削除、或いは拡散ができなくなっている。考えを同じくした人が、自由に発信、意見交換ができる場が必要。このホメオパシーアトリエから始めて、より大きいプラットフォームまで成長させたい。

・オンラインに特化したホメオパシーの啓蒙と教育
 コミュニティと連動したオンラインのコンテンツは今回のコロナ様な事態や、地理的な問題を克服できる。コミュニティ―と連動する事で、より効果的なコミュニケーションが可能になる。

・国際的な情報交換
 インドAYUSH省のアドバイザーDr.Naval氏等の協力で、最もホメオパシーが進んだ国であるインドの最新エビデンスを得ることができる。ホメオパス同士の国際交流も進めて行く。

・収益からの募金や協力活動
 直近では、ロックダウンで極端な貧困が起こっている国の食糧配付やレメディ-の配付を行ってゆく。(現在インドではホメオパシー団体が炊き出しやレメディー配布を募金を募って行っている)。6月から有料のオンラインセミナーの収益の一部で募金を行いたい。

このような活動を現在考えています。皆さんの中で共感する人が居れば応援をお願いします。


片桐 航

関連記事

この記事へのコメントはありません。